テーマをもつことと、好きなこと

7月のミーティングの議題も含めて、プロジェクト進行にブレがあるのではとご指定ただいてる点について、お返事おおくりします。

 


まず、議題についてです。
軸を持って、つまり、テーマや方向をさがしていただくことと、ご自身がなにがお好きかワクワクするかという問いを立てることとの、間に、提案者として齟齬はないつもりでしたが、ご説明不足のところもあったかとも思います。


お伝えしたかったこと、言葉を足させてください。


azuki magazine では、執筆者別に記事が読めるようになっており、好きな記事を書く人を、閲覧者がさがしやすいようになっています。
好きな執筆者の記事を読む読者に居ていただくことによって、何度も訪問いただく動機にしてもらえればと考えています。


本を読むときに、好きな作者の本や、好きな料理家の本を、読み漁るような読者を想定しています。


そのような読者を得ていただく過程には、書き続けていただいた記事から、なにか、書き手の訴えや人となりが伝わり、それに共鳴したひとがいるから、この人の記事をもっと読みたいとなるのではと考えています。


検索で引っかかるとかいった、小手先の技術は、脇に置いて、伝えたいテーマや軸を何本か持っていただくと、ファンもついていただきやすいし、書くときも書きやすいと考えてます。


で、伝えたいテーマや軸は、書き手の皆様の、好きな、ワクワクする中から選んでいただきたいというより思いがあり、軸やテーマ設定の話のつぎに、好きなことを話す、というより議題を持ってきた次第です。

 


まだ、ご不明な点がございましたら、またご質問いただけると助かります。