ビジョンって難しい、と、まだわたしは思っているのだと指摘いただき、はっとしました。

小豆商品をなにかつくりたくてウロウロしてます。

先日、野菜スイーツのバティシエさん、大廣さんに、会ってきました。https://ateliersshin.wixsite.com/saigashi-ateliershin 東林間にあるアトリエにお邪魔させてもらいました。
初めなので、互いの目指すところを話しただけで帰ってきたのですが、いろいろお話しをお聞きしたなかで、いちばん印象的なこと「ビジョンがきちんと定まっていたら、お金も解決する」という言葉。 「キット ホシイセカイハ、ヤッテクル」そんな気持ちが伝播してかえってきました。 いま、資金も資源もなにもないなかですが、そんな言葉をお話しになるパティシエさんと会ったことが、「誰と組むか」という点で、とっても意味のあることのように感じました。 とにかく、「ほんとに細いはりの先のような、絞ったビジョンを定めること」、という宿題もらってかえってきました。 「ビーガン」>「シュガーフリー」として考えようかなあと、アイデアうかんできました。
わたしがシュガーフリーなのは、なんとなく「免疫機能がこわれるのがこわい」だけだからです。
根拠がいまいちありません。
それより、野菜中心の食生活のほうが、なぜそうなのかを話すこともできます。

いろいろおききしました。
大廣さんの起業の苦労ばなし、3年間の活動の軌跡、いまお客さんとのやりとりがどんな風にひろがっているかというお話し、どれもとても、勇気をもらう時間でした。 どこへ行っても、ターゲットを絞れしぼれといわれています。
ビジョンを示せと言われます。

そう言われると、なんでまだまだ絞れないのか、示しているつもりなのにと、いまいちわかっていないのです。
ですが、わたしが、いろいろ、ターゲットを絞るときにこわかがっていることだけはわかりました。 もともと、温めていた、「誰に届けたいのか」という点、まとめなおしてみたいとおもいました。
 
 
 
ビジネスコンテストに参加したときから、「この人に食べてほしい」という像は、友人なんです。

【食べてほしい人】
わたしと同じぐらいのアラフィフ 女性。
いまは、ライフスタイルコーチとして、女性のキャリアや、生き方をより輝かせるコーチの仕事をしている。発信する情報には影響力がある。海外や国内外で、移動しながらパラレルワークすることが、ライフスタイル。そのため、移動が多く、外食も多い。美容と健康のために、食にはこだわりがある。移動のときの携帯食は、青山のナチュラルハウスで選んで買っている。基本、血糖値をあげにくい、腸内細菌が活発化する食事をこころがけている。移動のときの携帯食を食べる時は、一人で外食する場所をさがせないとき、長距離移動のとき、ちょっとした中途半端な時間の移動のときの合間。
そんな彼女の鞄にいつも、1本は小豆バーが入っているといいなあ。
17:59
 
 
ここから、あと、なにを想像すればいいのか。

ビジョンはまだまだ絞れるのかなあ。

そもそも、最近試食会等で出して人気の「小豆ボール」ではなく、やっばり「小豆バー」なのか、それもきっと関係するのかな。

なんで、自分がそこにこだわるのか、とことん自分に聞いてみたいとおもいます。
こも、考えるの至福の時間です。

 

-------

 

余談です。

 

はてなブログ、初めてつかっています。

使い心地いいです。

なにより、プッシュで来る通知がおもしろいです。

書き始めてからいろんな色のメダルをくれたり、1ヵ月の訪問者が100名を超えたよとおしえてくれたり。

読んでもらってありがとうございます。

ワードプレスでも、なにか、「読んでもらっていると書き手にすぐわかる工夫」があるといいのかなあ。