取材の予定

こんな記事書きます、取材企画書を書く予定です、のメモです。

 

先週、「和菓子屋さんの一日」という記事を書くために、撮影の野島さんと一緒に和菓子屋さんへ取材でうかがってきました。

記事は、いま校正中です。

7月中には校正もおわり、アップできる予定でいます。

 

もう2つ、メディアとして、閲覧者にどんな切り口で情報を発信すれば喜ばれるのかを図る習作として記事を予定しているものがあります。

テーマは、「夏と塩 おすすめ3つ」、「職場のコミュニケーションの質をあげる餡菓子3つ」。

いま菓子をまず食べるために集めているところです。

記事は、8月中旬までには、2本ともアップしたい。

これは、編集部という場でなにを発信してゆくかを探る実験的な意味合いもある記事なので、アクセス解析やみなさんからのフィードバックをいろいろ参考にしてゆきたいです。

写真もやっばり腕をあげてゆかなくてはいけませんねーと実感中。

 

さらに、8月の取材の予定。

今週中に、8月に取材させていただけるよう企画書2本書きます。

ひとつは、もなかの皮専門店さん。わたし、もなかが好きなので、皮とあんの相性をどうよくするために工夫しているのか、聞いてきたいです。和菓子屋さんを支える専門店の挑戦シリーズという位置づけです。

もうひとつは、挑戦シリーズで和菓子屋さん1件。和菓子づくりの常識に挑む若手職人さんにお話しがおききできたらと。

 

さらに8月にはいってからになりますが、もう1本企画書を具体的に予定しています。

料理研究家さんで小豆をあつかっておられる方へのアプローチです。これは、わたしのなかで、エシカルテーマつながりです。

 

9月以降も、和菓子屋さんを支える専門店の挑戦シリーズという位置づけの取材を順次すすめます。

gakuさんが、行かれなければ、農水省の小豆担当者さんにもお話しおききしたいですねー。日本の挑戦、てテーマになればいいなと。